パセノールは妊娠中に飲める?

パセノールはいつまでも若々しく、美しくいたい人をサポートしてくれるサプリメントです。

森永製菓が南国のフルーツであるパッションフルーツの種子から独自の技術で抽出したパセノールが配合されています。パッションフルーツの種子にはピセアタンノールというポリフェノールの一種が含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用などがアンチエイジングに効果を発揮することは知られていますよね。

そして女性なら誰しもいつまでも美しくなりたい、だったり、若く見られたいと思っているはずです。それは妊娠中の妊婦さんも同じです。では妊娠中でもパセノールを飲んでも問題ないのでしょうか?

パセノールは妊娠中でも飲めるの?

食事ではとれない栄養を補いたいと思ってサプリメントを飲む方が多いと思います。自分一人であれば問題ないですが、妊婦の場合、体の中に赤ちゃんがいます。赤ちゃんに影響があるのが心配ですよね。特にパセノールをはじめ多くのサプリメントが単一の栄養素が入っているわけではなく複数の栄養素がサプリメントの中に入っています。それら同士の相互作用や過剰に摂りすぎてしまうと影響が出てしまうものもあるかもしれません。パセノールの場合はどうなんでしょうか?妊娠中も飲めるのでしょうか?

調べてみると、パセノールの公式ページにパセノールが妊婦でも飲めるのかどうかが書いてあったので紹介したいと思います。公式ページによると

『妊娠中や授乳中は、お身体が大変デリケートな時期で、体質が変わることもあります。
ご利用については、一度、かかりつけのお医者様にご相談ください。』


だそうです。

パセノールには特に危険な成分が入っているというわけではないですが、妊娠中の妊婦の体はデリケートなのでしっかりと病院で話し合ってから飲むようにしましょうという事でした。

それが一番安心ですね。それと基本的にサプリメントは忙しくてバランスの良い食事を作れない人などが飲むものです。一番の理想は食事の中でバランスよく栄養を摂るのが理想でしょう。

特に妊娠中はなるべく食事の中から必要な栄養素をバランスよく摂るようにしましょう。それでもどうしても足りないと思われるものについては病院で相談してサプリメントを飲むのかを決めましょう。

というのも妊婦についての臨床試験などは倫理的観点からあまり行われていないサプリメントが多いんですよね。なので実際のところそのサプリを飲んだことによっての胎児への影響はよく分かっていないのが現状です。なので多少はリスクがあるという事を認識する必要があるでしょう。

それは葉酸などのサプリメントも一緒です。葉酸は神経管閉鎖障害発症リスクを減らすことができるといわれていてサプリメントでしっかり補給するという人もいるかもしれませんが、この葉酸についても理想は食事で補給することです。ただ妊娠前や妊娠初期の葉酸を摂った方がいい時期に必要な葉酸の量は多いため、食事でとれない分は葉酸添加の栄養機能食品など、それでも十分ではないならサプリメントを使うといいと思います。なるべく食事からとっていくのが理想です。

まとめ

パセノールは、より若々しく輝いていたい人に向けて作られたサプリメントです。なので妊娠中の方に向けて作られたサプリではありません。その事を考えると妊婦は医師と相談してから判断するようにしてください。その他にも子供はパセノールが飲めるのかという事が公式ページに書いてあったのですが、パセノールは子供が飲んでも問題はないそうです。幼児までは避けた方がよさそうですが児童などは飲むことが可能みたいですね。しかし子供は対象年齢外です。継続的に飲むことは控えましょう。

それとアレルギーですが、アレルギー食品衛生法により表示が義務付けられている27品目の中でパセノールに入っているものは『ブタ』と『ゼラチン』です。これらのアレルギーがある人は注意してください。

妊娠中や授乳中の方や上記のアレルギーのある方は十分注意して服用するようにしましょう。

 

サイトマップ