パセノールモイストジェルプレミアムの使い方

パセノールモイストジェルプレミアムの正しい使い方


パセノールモイストジェルプレミアムは森永製菓が独自に研究し開発した高機能成分『パセノール』を配合したオールインワンジェルです。

スーッと浸透してしっかり潤うと大人気の商品ですが、しっかりとパセノールモイストジェルプレミアムの実力を発揮する正しい使い方を紹介していきます。

手順で確認するパセノールモイストジェルプレミアムの使い方


パセノールモイストジェルプレミアムの使い方について下記にまとめてみました。

  •  1.サクランボ大1個分を手のひらに乗せる

  •  2.両手を合わせた内側の体温で温める事で肌馴染みをUPさせる

  •  3.顔の中心から外側にかけて優しく塗り広げていきます(摩擦や圧力は厳禁)

  •  4.目尻や口元など皮膚が薄いところ、乾燥が気になることろは2〜3度重ね塗り

  •  5.手を顔に押し当て優しくギュッとハンドプレスしましょう(1か所10秒ほど)


慣れてくれば毎日5分ぐらいで簡単にスキンケアができます。

しかも、化粧水(ローション)、乳液(ミルク)、美容液、パック(マスク)、クリームの5つの役割を1本で担ってくれるオールインワンジェルです。パセノールモイストジェルプレミアムを使えば毎日のデイリーケアも簡単になるので時短に繋げることも可能です。

もちろん、保湿ケアや美容ケアを強化したい場合は他の化粧品と併用して使っても大丈夫です。
その時はパセノールモイストジェルプレミアムを皮膚の深層、角質層までしっかり浸透させるためにも乳液やクリームを塗る前にパセノールモイストジェルプレミアムを使うようにしましょう。

入浴後や洗顔後すぐにケアする


パセノールモイストジェルプレミアムの効果をしっかりと実感するためにも、メイク落としと洗顔で毛穴の奥に詰まった皮脂汚れ、メイク残り、ホコリ、チリなどをキレイに洗い流してからパセノールモイストジェルプレミアムを塗布するようにしましょう。

入浴後や洗顔後は間髪を入れずすぐに保湿ケアをするのが理想です。

お湯は天然保湿因子(NMF)や角層細胞間脂質といった水分を保持している物質まで洗い流し排出してしまいます。そのため、お風呂やシャワーの後は時間の経過と共に肌内部の水分がドンドン蒸発してしまいます。


check

皮膚科学の観点から見た検証では入浴後、浴室を出て10分以内に保湿ケアを行うのが有効だと言われています。パセノールモイストジェルプレミアムなら3種類のコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、エモリエント成分などが皮膚内部の潤いに蓋をしてくれます。




乾燥が酷い部位は2〜3回重ね塗りすることで皮膚の表層から中層、深層まで有用成分がしっかりと行き渡ります。

適量を塗ろう



パセノールモイストジェルプレミアムの美容成分の効果を最大限に生かすために推奨量以上塗る使い方はあまり良くありません。パセノールモイストジェルプレミアムを塗り過ぎて、薬液の塗り残りが毛穴に詰まってしまうと、皮脂と混ざり雑菌が繁殖したり、ニキビや吹き出物の原因になったりします。

適量=サクランボ大

適量を手に取りしっかりと浸透させる様な使い方を徹底しましょう。適量を使えば嫌なベタつき感がありません。余ったり、肌表面に残ってしまったジェルはしっかりとコットンなどで拭き取りましょう。

パセノールモイストジェルプレミアムの使い方のコツ

パセノールモイストジェルプレミアムの使い方のコツやポイントを紹介したいと思います。下記の点を抑えてパセノールモイストジェルプレミアムをより有効に活用しましょう。

化粧下地としてパセノールモイストジェルプレミアムを使う


化粧下地としてパセノールモイストジェルプレミアムを使用する使い方もおすすめです。
乾燥肌が原因で化粧ノリが悪かったり、ひび割れするなどで悩んでいる場合は、パセノールモイストジェルプレミアムで保湿ケアや美肌ケアをしてからメイクアップをしてみてください。

パセノールモイストジェルプレミアムは自然に浸透していくので、ファンデーションも浮きにくいと思います。

就寝中はお肌が育つゴールデンタイム



就寝中は成長ホルモンが分泌され肌細胞の分裂、肌の補修や修復をする大切な時間です。お肌が育ち美肌を作るゴールデンタイムの恩恵を十分に受けるためにも就寝前にパセノールモイストジェルプレミアムでしっかりスキンケアをしておきましょう。

同品を使ってのケアの他にも、寝室にスマホを持ち込まない、寝る前にはカフェインを摂取しないなども深い眠りをする上で重要です。

パックで使用するときはお風呂で


パセノールモイストジェルプレミアムはパックとしても活用できます。

いつも使う量の2〜3倍の量を顔に厚めに塗り5〜10分置き清潔なタオルで拭き取るか洗い流しましょう。

その後は通常のスキンケアをしてください。

その時、表皮内に溜め込んだ水分をしっかり保持するためにもお風呂でパックをするのがおすすめです。浴室内で行う事でしっとり感や艶のある肌を長く保つことができます。

 

サイトマップ