パセノールの実験や研究

パセノールを使った実験や研究

パセノールは南米原産のパッションフルーツの種子から抽出されたピセアタンノールが配合された商品です。森永製菓が世界で初めてパッションフルーツの種子から抽出しました。
そのパセノールがどんな効果効能があるのかを森永製菓では様々な大学と共同で実験や研究をしています。
その実験や研究を紹介していきます。

実際に行われた研究実験


森永製菓は東京工科大学や弘前大学、山形大学などとパセノールのドリンクやタブレットについての共同研究や実験を行っています。
その結果パセノールを継続的に摂取することにより肌のハリ、たるみ、しわ、透明感に対して改善が見られたという実験結果が出ています。
これ実験結果なので、ほかの商品の商品説明によくある『肌のハリが出てきた気がする』などの根拠のない結果ではなく、肌のハリ、伸びや弾力性、明るさやメラニン量などを装置や機器を使い測定し、実際の数値をもとに判明した結果です。
パセノールの強い高酸化力と血管のアンチエイジング力が肌のハリやたるみ、しわ、透明感など老化の原因とされる症状を防いでくれることが証明されているのです。
しっかり継続して飲むことによって効果を実感できるのではないでしょうか。

しかもパセノールにはコラーゲンの生成を助けてくれる効果も期待できます。

つまり、パセノールを継続的に使うことによって美容効果が期待できるのです。

まさに女性にピッタリの成分がパセノールなのです。

パセノールの効果効能は色々な雑誌、ネット広告、ニュースでも紹介され注目を集めていますが、レビューや口コミなどでも『肌のブツブツがなくなった』『化粧ノリが良くなった』などの意見をみるのですが、その理由もわかりますね。

機器を使った測定や科学的な大掛かりな実験ができるのも森永製菓のような大企業ならではでしょう。

しっかりと実験がされているという事は、しっかりした飲み方をすれば効果が期待できるということです。

毎日継続区的に飲んでハリやしわなど、加齢からくる症状と戦っていきましょう。

追記
2016年には東京大学の生産技術研究所、竹内昌治教授のグループと森永製菓の共同研究で『ラットにピセアタンノールを摂取させることによって血糖値が上がるのを抑える効果がある』という研究成果がニュースリリースされました。その成果にはインスリンが関わっており、パセノールにはどうやら血糖値変動を制御する働きがあるという事が証明されつつあります。

 

サイトマップ