パセノール 副作用

パセノールには色々な美容に良い成分が入っています。

特許技術を使い抽出したパセノールはもちろんのこと、
それ以外にも、冷え性やむくみなどに効果があるとされている金時生姜や、脂質や糖質の分解をしてエネルギーを生み出すナイアシン、美容に効果があり、コラーゲンの生成を助けてくれる存在のビタミンC、そして免疫機能の低下を防いでくれる、妊娠中の方が飲まれる葉酸などなど
本当にたくさんの有効成分が入っています。

たくさんの成分が入っているとその中に副作用があるものがないのかが気になります。今回はパセノールに副作用を起こすものがあるのか調べてみました。

パセノールに副作用はあるのか?

パセノールにはパッションフルーツから抽出したエキス以外にも色々な成分が入っています。

実際にパセノールに成分表は左の表の通りです。

成分表を見てみると副作用を心配するような成分は入ってないようです。

実際に公式サイトを見てみると、パセノールは1日4粒が推奨されている用量なんですが8粒飲んだとしても大丈夫のようですし。

さらに推奨はされてないですが子供が飲んでも大丈夫みたいですが継続して飲むのはやめた方がいいでしょう…。

規定量よりたくさん飲んでも大丈夫で、子供も飲めるということはそれだけ安全だということでしょう。

ただし、薬を服用している場合や、通院している方などはお医者さんと相談して飲むようにしましょう。

また、妊娠中や授乳中の方などもお医者さんに相談してから飲むようにしてください。

アレルギーについて

パセノールを飲むことによっての副作用はなさそうですが、アレルギーには注意しましょう。

これについてはパセノール以外にもすべての食品でもいえることですが、アレルギーを持っている人は成分表をしっかりと見て飲むようにしてください。

食品衛生法で表示しなくてはいけない主なアレルギーを引き起こしそうな食品としては



『豚』
『ゼラチン』



です。

これらでアレルギーを起こしてしまう人は飲まないようにしましょう。

また、食品衛生法で表示しなくてはいけない物以外でアレルギーを持っている人は成分表で確認してから飲むようにしてください。

体に合わない場合も…

公式ページによると飲んでみたら体に合わない人もいるようです。

具体的な症状までは書いてなかったのですが、パセノールが原因と感じる場合はすぐに服用をやめましょう。

ただし体調不良になる例は本当にごく稀ですので安心して飲んでも大丈夫だと思います。

不安な方は最初から4粒飲むのではなく少しずつ飲んでいく方が良いでしょう。

徐々に量を増やすことによってより安全に飲むことができます。

全体的に見てパセノールの副作用は気にしなくて大丈夫です。

ただし『豚』と『ゼラチン』のアレルギーがある人は要注意です。

アレルギーにさえ気をつけ、しっかりと用法容量を守って飲むようにすれば問題ないと思います。

パセノールは継続して飲まないとその効果を発揮しません。しっかりと飲み続けることが大切です。最低でも1か月は飲み続けるようにしましょう。




 

サイトマップ